産後の骨盤ケアはとても大切です。お尻がコンパクトになります。(30代 女性 主婦)

出産後の産後ケアをさせていただきました。産後約1ヶ月半です。

このクライアントさんは妊娠中から定期的にケアしておりましたでので、妊娠中のトラブル(恥骨痛、腰痛、むくみなど)も少なく、安産でした。

妊娠中の女性の身体は出産にむけて骨盤が動きやすいように靭帯が柔らかくなります。妊娠中に赤ちゃんを支えていることで広がった骨盤は出産時にさらに開きます。

出産直後の身体は80歳のおばあちゃんと同じくらいの状態と言われています。出産はそれくらい消耗する一大事なんですよ。

産後1ヶ月~3ヶ月くらいは骨盤がグラグラしてますから、なるべく安静にして、骨盤の状態がある程度安定してから少しずつ生活の強度を上げて体力を回復させるのが望ましいです。

産後、半年から1年くらいかけて靭帯の硬さが元の状態にもどります。

ですので、出産から1年間のケアがうまくいくと妊娠前よりもいい状態になる可能性もあります。だから産後の養生と産後ケアがとても大切だと言われてるんですね。

ちなみに、筋肉が回復するは断乳してからなので、人によっては完全に妊娠前の状態に戻るのは2年くらいかかる場合もあります。

このクライアントさんの場合は出産前から相談して、いろいろなことを考慮して産後ケアのタイミングを決めました。平行して、産後の生活で気をつける点などアドバイスさせていただいております。

産後ケア(産後一ヶ月半)のビフォーアフターを紹介します。

まずは骨盤周りです。

やはりよく動きますね。

締まった骨盤が戻りにくいようにベルトケアもしております。

全体的な変化はこちらら。

肩周りをケアして胸を開きましたので、美味しいおっぱいが出るようになったと思います。

快適なお身体で赤ちゃんとの貴重なラブラブタイムを過ごしてくださいね。

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です