腹圧を下げるといいこといっぱい その2

最近の施術テーマは「腹圧を下げる」こと。

なぜなら、腹圧が低い方が全身の体液循環が促進されるからです。

「???」になった人、いるかな?

リクエストがあれば圧の理論もいずれ講座にしてお伝えしますね。

さわりとして、本日は全身の体液循環に関わる3つの圧を紹介します。

その1 腹圧(低いほうが良い)

その2 呼吸時の腹腔内圧力差(大きいほうが良い)

その3 膠質浸透圧差(大きいほうが良い)

「腹圧」と「呼吸時の腹腔内圧力差」は物理的な圧力差です。これらは施術、セアルフケア、身体操作法でコントロールすることができます。「膠質浸透圧差」は化学的な要因に起因する圧力です。これは食事などでコントロールする、といえるでしょう。

というわけで最近の施術テーマが「腹圧を下げる」ことなんです。

やることはいたってシンプル。

口腔を広げて、

全身の筋肉を緩めて、

癒着した筋膜をリリースして、

筋肉の状態を改善させること。

その後に「胸腔」「腹腔」を上から順番に広げて整えます。

それが全て。

さて、本日のビフォーアフター。

バストアップとくびれはばっちりです。その中にある肺も広々と呼吸が楽になります。腹圧が下がることで脚の体液が体幹に戻りやすくなり、脚の圧が抜けてむくみが解消されます。

このクライアントさんは、毎日、楽しんでセルフケアに取り組んでおられます。これからどんどん綺麗になって、元気になりますね♪

私もなにより嬉しいです。

今日もありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です