夫へのホームケア

今日の施術日記は番外編。

夫へのホームケアです。

約1年前に右膝を故障した夫。さらにここ数ヶ月は右膝をかばったためか、左足首までも痛くなってきました。一時は歩行困難になるほど悪化しました。

奇しくも当時の私の手にはおえず近所の治療院を受診してもらいました。それ以来、そちらにマメに通っており、波があるものの少しずつ良くなってきました。

治療院から帰ると私からの質問攻めが始まります。

「今日の主訴はなんて言った?」

「 それに対して何て言われたの?」

「どんな治療したの?」

「治療の目的は?」

などなど。

もう、がまんできずに根掘り葉掘り聞いてしまいます。夫を生きた人体模型に見立てて貴重な実践的学びの機会をいただいたようなものですね。本当にありがたいです。

そんな数日前。治療から帰ってきた夫が

「ふくらはぎのごりごりをどうにかしてきて、といわれた」と言いました。

私は

「 ふんふん。ごりごりね。ごりごりのケアは得意よ。私やるから任せて。」と答えました。

ごりごりのケアはLHJメソッドの息指圧が威力を発揮する分野です。

まずは MCパッドで丁寧にふくらはぎの筋肉のケアをします。最初に筋肉を柔らかくして状態を整えることがとても大切です。筋肉を柔らかくすることで息指圧を供した時の筋肉の損傷をおさえて、そのメリットを最大に引き出します。

なので、まずはパッドケア。

その次に息指圧。

夫の呼吸に合わせてごりごりに対して圧を加えます。施術中にも問診をしつつ、通っている治療院の先生が目指していることに沿った施術をすすめました。

その翌日から夫の足首と膝の状態はとても良くなりました。

夫は「ちょっとだるいけど、悪くないなあ」といいながらすたすた歩いていました。「 いやいや。あなた、一時は杖をついて出勤してたやん。もっと褒めてもいいんでない?」というのは私の心の声。。。

とにかく、夫が普通に生活ができるようになって良かったです。

さっきも「足はいいんだけど、肩と腰が重だるいなぁ(ブツブツ)」と施術の催促をしてきたので、肩腰対応の施術をしました。

めんどくさいような、嬉しいような・・・。

簡単でいいからホームケアができるママが増えるといいなあ。そうすれば日本はもっともっと元気になる^_^

そんな明るい未来を夢見ています。

本日もありがとうございました! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です