肩まわり筋膜リリースで−5歳のナイスバディになります!

いつもリピートしていただいているクライアントさんです。

昔から肩こりがひどく、肩甲骨周りが固まって辛い。うでが上がりにくいのがお悩みでした。

本日のテーマは

「肩まわりの筋膜リリースで腕を動かしやすくする 」です。

こりやすいタイプの筋肉は、まずは筋肉の動きが悪くなり、そして筋膜の硬化と癒着が始まります。このタイプの場合、筋膜リリースは痛いんです。

筋膜リリースの施術をするときは

「なぜ圧をかけるのか?」

「なぜ痛いのか?」

「なにが起こっているのか?」

を説明します。

可動域のチェックも頻繁にして、クライアントさんに施術の効果を実感してもらいながら施術をすすめます。

週末に友泉先生のところでブラッシュアップしてきたので自信をもって施術できるようになりました!

胸がしっかり開いてお尻が上がり、めちゃめちゃナイスバディになりました!

今回はビフォーアフターの写真を作って、自分でもびっくりしたもんね。「今日もいい仕事したわ〜♡」と充実感に浸る至福のひと時でもあります。

マイナス10歳、いってるかも〜!

クライアントさんも大喜びでした。

私もなにより嬉しいです♡

本日もありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です